クロス・マーク タイトル画像 サーフ・マーク
TOPページ 『小さなへこみ』のページ 『大きなへこみ』のページ デントリペア料金 よくあるご質問 へこみ解消ウィザード お問い合わせ リンクのページ
デントリペア作業の流れ
  1. 専用のデントツールをへこみのあるボディー部裏側へ到達させるための通路を、ボディー部品の隙間、部品を取外す等にて確保します。
  2. 専用のデントツールを使い、へこみを元のボディー形状へ戻します。ボディー内外から、微妙な補正を行い元に戻します。場合によっては、引き出し作業を行う事もあります。
  3. リペア終了後、凹みがついた際の細かい傷を、コンパウンド等で消し、ワックス等でつやを出します。
板金塗装作業の流れ
  1. 壊れている・鈑金に支障になるパーツを取外します。
  2. へこみ部分をハンマー等で叩く又は溶接して引っ張り、だいたいの形にします。
  3. その部分へ粘土状のパテと呼ばれるものを塗り固めます。
  4. パテをやすりで仕上げ、元のボディー形状を作ります。
  5. サビ止め等、表面には見えない下地の塗装を行います。
  6. 下地塗装面をやすりを使って研磨します。
  7. 最終塗装を行う前に、塗装がついては困る部分を保護します。
  8. ボディー色塗装、表面のクリア塗装などを行います。
  9. 取外したパーツを取り付けます。
デントリペアのメリット
  • デントリペアでは、オリジナルの塗装を変えることなく、そのまま元の形へ戻す事が出来ます。
  • 板金塗装と比較し、短時間(数分〜一日程度)での修理が可能です。
  • デントリペアは、工場設備が必要では無く低コストで運営しているため、お客様には、「キレイ・早い・安い!」修理が可能となります。
  • 現在、愛車の凹みでお悩みの方はぜひ“イーマン ドット オルグ”へお問い合わせ下さい。
デントリペアのデメリット
  • 鋭いへこみ・カーブがきつい部分・ドアの縁・ボディーの角部分等は、デントリペアによる完全修復は難しく、違和感が残ったり、修理不可能な場合もあります。
  • 物理的にツールの入らない部分、バンパー等の樹脂パーツ等はリペア出来ません。
  • 塗装のはがれている場合修理不可能です。ただし傷の浅いものはコンパウンドで消したり、小さな傷はへこみだけ修理し、タッチアップペイントを塗る方もいらっしゃいます。
  • 最初からパテを厚塗りして板金・塗装をしてある部分は、リペア出来ない場合があります。
デントリペアトップ  Gallery  大きなへこみ  デントリペア料金  へこみ解消ウィザード  Q&A  お問い合わせ  Link
e-man.org(イーマン ドット オルグ)
携帯電話 090-8751-6641